水素が持つ驚くべき力!

水素が持つ高い抗酸化力に注目

最近は抗酸化サプリメントの人気が非常に高まってきています。
その理由はやはり、自分自身の日常生活の中で、活性酸素によるダメージというのは、避けることができないものである…という危機感を持ち、みずからの健康維持を真剣に考えているという人が増えてきているからでしょう。

病気を防止する、老化を防止するということを考えるにあたり、抗酸化の栄養素の摂取を考えることは、確かに絶対に必要なことです。その抗酸化力を得るために、最も効果があると研究結果が出ています。それが水素の力なのです。

水素とは?

元素の中で最も小さく、最もたくさん存在している元素で、他のすべての元素は水素からできたものです。宇宙に存在する元素の90%以上は水素、太陽のほぼ100%が水素からできています。人体を構造する元素の63%は水素です。ここからも人間の体に水素が絶対に必要であるということは、容易に想像ができます。

1.活性酸素と結び付いて、無害な水となって体外に排出される

2.活性酸素の中で、最も悪性のヒドロキシルラジカルを選択して除去

活性酸素は体内に侵入する最近を撃退する免疫システムで重要な役割を果たしていますが、良い働きをする活性酸素を除去せず、悪性の活性酸素のみを選んで除去します。

3.抗酸化力がケタ違い

自然界で最も小さな原子である水素は本当に小さいのです。従来の抗酸化物質は、いずれも巨大な複合分子の塊であり、細胞に浸透するには限界がありました。しかも、1個の複合分子には電子たった1個分しかありません。たったの1個しかないのです。

例えば、最近の健康ブームで非常に注目されるようになったコエンザイムQ10の分子量は863。これにこの電子があります。水素の分子量は1でこれに電子が1個です。水素がコエンザイムQ10と同じ分資料の863個あると考えた時、電子の数は863個です。

つまり、水素はコエンザイムQ10の863枚の抗酸化力があるというわけです。このように、分子量が最も小さい水素は、他の追随を許さない程、ケタ違いに抗酸化力が強いということが考えられます。この強力な抗酸化力が私たちの体にもたらしてくれる健康効果は、非常に高いものがあるのは、間違いのないことでしょう。

4.血管が詰まっていても、水素は小さいから通過できる。

水素分子は、前の項目で述べているように非常に小さい分子ですから、体の奥まで隅々の細胞に行きわたることができます。

活性酸素を無害な水に変えて体外に排出する役割を担ってくれます。このように、水素は体中のどこでも自由に通過ができるものですから、血管が詰まっていても悪いところまで届くということなのです。

つまり従来の抗酸化物質では、分子が大きかったために通過できず浸透することができなかった部分にまで浸透し、その健康効果を発揮することができるのです。

ヒドロキシルラジカルを除去してくれる!?

水素は活性酸素を除去すると言う所で、活性酸素のなかでも最も有害なヒドロキシル ラジカルだけを選んで除去してくれる。 有害でないもの(酸化力の弱いもの、免疫機構や殺菌作用に必要なスーパーオキサイ ドや過酸化水素)には反応しません。 他の抗酸化作用のあるものは、還元力が強く有用な体内に侵入した細菌を除去してく れる活性酸素、血管や細胞を作ってくれる活性酸素、人間体内に必要な活性酸素にも 反応してしまうのです。

マイナス水素イオンはもっとも有害なヒドロキシルラジカルだけに反応します。

血液脳関門すら通過できる!

脳には有害物質が入ってこないように特殊なバリアがあります。これを血液脳関門といいます。血液脳関門は酸素、ブドウ糖、アミノ酸、水などの選ばれた物質は通しますが、多くの薬品は通すことはありません。従って、血液脳関門は分子の大きな抗酸化物質も、ビタミン類も通しません。

抗酸化物質の中で、唯一血液脳関門を追加できる水素には、脳梗塞・痴呆症、認知症などの抜本的な解決方法になることが期待されています。

抗酸化物質の栄養素などはたくさん紹介されていて、それをご存じの方も多いですが、「水素にしかできない抗酸化がある」という事をご存じの方は少ないです。
ここが、他の抗酸化物質に比べて、圧倒的に「水素」が優れているポイントです。